記事のヘッダー背景

社員紹介

member

大手信用調査会社からIOBIへ
3年越しのオファーを受けて
バックオフィスの整備に邁進
大手信用調査会社からIOBIへ 3年越しのオファーを受けて、バックオフィスの整備に邁進
経営企画部
伊藤 智己 tomoki ito

近畿大学卒業後、大手信用調査会社の管理部門で生産管理と経理を経験。代表石井とは、在学中に就活支援サービスを立ち上げた関係性で、在学時から3年間オファーを受け続け2021年6月にIOBIへジョイン。バックオフィスの立ち上げと全事業のサービス開発に携わる。趣味はサイクリング・カメラ・Perfume のライブに行くこと。

member

代表の本気に共感し
大企業から一歩踏み出し
ベンチャーの世界へ

株式会社IOBIに入社を決めた理由を教えてください

社会人になるまで、「働く」ということをあまり考え無かったのですが、実際に働いてみて大切だと思ったのはお金をどれだけ稼げるかではなく、いかに人や社会に貢献し、「ありがとう」って言ってもらえるかだと感じるようになりました。そう思えたきっかけは石井さんの起業後、オフィスを尋ねると楽しそうに働く彼や他のメンバーを見たからです。 石井さんとは大学時代の友人であり、在学中に共に事業を立ち上げた経験もあったので、また一緒に仕事しようと何度も誘ってくれていましたが、ベンチャーの世界に一歩踏み出せずにいました。そこに、働くことに対して前向きで、社会を本気で創っていこうという気持ちに感銘を受け、入社を決めました。

大企業での経験を活かし
事業戦略策定と
バックオフィス整備を担当

現在担当されている業務内容について教えてください

現在は、各事業の戦略策定とバックオフィスの立ち上げを行っています。IOBIは今まで営業に注力してきた会社だったので、管理面やバックオフィス体制の整備が不十分でした。これから会社もサービスもスケールさせていく上で重要なポイントになると考えています。また、22卒から幹部候補採用をスタートさせており、新卒採用も担当しています。

既存社員やインターン生の
まとめ役として
企業の結束力向上に貢献

仕事をする上で特に心掛けていることがあれば教えてください

コミュニケーションを最も大切にしています。既存社員やインターン生のまとめ役となることが多いので、代表のビジョンを上手く形に落とし込んで指示することを大切にしています。また、働いて生じてくるメンバーの悩み相談には真摯に向き合います。 社会人のスキルも経験も圧倒的に不足している中で、会社をまとめるには誰よりも寄り添い、コミュニケーションを取ることで会社の結束力を高められると思います。

日進月歩のベンチャーで
働くことで柔軟性の大事さを
深く実感しました

IOBIに入社して一番学んだことは何ですか?!

ベンチャーはトライ&エラーの連続と、柔軟性が非常に大切だと思いました。ベンチャーは次の日に方針が大幅に変更していることも多く、計画を一から立て直すことも大切です。その行動量と改善量が大手企業との競争に負けないために必要だと思いました。

message

応募者の方にひとこと

ベンチャーで働くことは、イメージ的に大変そうだから心配と考えている方もいるかと思います。それは現時点の自分が「できるか?できないか?」という軸で考えているからだと思いますが、できることだけをやっているだけでは成長はないと思います。一番大事なのは「やりたいか?やりたくないか?」です。やりたい気持ちがあれば、やり切れると思います。そんな環境で挑戦したい人はIOBIの選考でお会いできることを楽しみにしています!