記事のヘッダー背景

企業理念

concept

Concept

企業理念

VISION

目指す社会の姿
「誰しもが人生の可能性を広げられる社会の創造」

何歳になっても固定観念に縛られず、チャレンジすることが当たり前の社会を創ります。誰しもが夢を語り、誰しもが前を向き、誰しもが挑戦できる社会を創るために、我々は挑戦し続けます。

VALUE

IOBIが皆様に約束すること
「想像を超えた感動を提供する」

人々を喜ばせるために、常に期待を上回る行動やサービスを提供し続けます。当たり前の基準を高く持ち続けます。想像を超えることが人々の価値観を広げ、感動を起こすことで世界を変えていけると信じています。

PHILOSOPHY

IOBIの世界観

1. 【挑戦者であれ】 常に攻め続ける姿勢を忘れず、新しい価値を創造し続けます。
2. 【ゼロベース思考】 固定観念を常に疑い、より良い選択肢を模索し続けます。
3. 【No.1を極めよう】 長所を伸ばし、誰にも負けないものを極めるために努力し続けます。

Message

代表挨拶

IOBI代表取締役社長

石井智大

近畿大学卒業後、新卒でありながら年商500億円企業のグループ会社社長に就任。20代で株式会社IOBIを上場させるという強い想いのもと、就任から半年後に自社株式を100%買い戻し、独立を果たす。「青春キャリアFC本部」の立ち上げを皮切りに、現在では5事業を運営。インターン生と社長のみで業績を伸ばした実績が認められ「注目の西日本ベンチャー100選」に選出されるなど、関西のスタートアップを牽引している。

可能性を決めつけられ
夢を閉ざされかけた

「この大学から、その企業には行けないから諦めなさい。」小学生の頃から憧れだった企業を、1人の大人に否定されたことがすべての始まりでした。高校生の頃は甲子園常連の野球部に入部し、プロ野球選手を志した時期もありましたが、足に大きな怪我をしてしまい断念しました。しかし、もう1つの夢であった憧れの企業に入社するという強い目標を持ち、新たな人生を切り開こうとしました。そして、大学に入学した次の日にキャリアセンターへ足を運び、夢を閉ざされかけました。

夢を諦めない世界を
創っていきたいと決心

でも、絶対に方法はあるはずだと思い、アナウンススクールで話し方を学んだり、野球サークルを1から立ち上げたり、他人とは違う様々な経験を経て、最終的に夢だった企業から内定を獲得することができました。努力が実り本当に嬉しかったですが、久しぶりにキャリアセンターを訪れると、就活相談している学生が「この大学から、その企業には行けないから。」と言われていて、3年前の自分を思い出させる同じ光景を目の当たりにしました。たしかに、この大学から内定実績はない。でも、これから先も本当にそうだろうか?今の世の中は、人の可能性を狭めていないか?そのような、心の底から納得していない企業で働き、人生を生きていくことは本当に1回きりの人生で幸せといえるのだろうか?そう考えるようになってから、自分の夢は憧れの企業に入社することから、夢を諦めない世界を創っていきたいと思うようになりました。そして、私の就活時代の経験を基に就活支援サービスを立ち上げました。

5年以内の上場に向けて
仲間とともに成長中

創業時の理念:「誰しもが自分のキャリアに自信を持てる社会の創造」当初は人材事業で、世の中を変えたいと考えたため、皆がキャリアに誇りを持ち、将来に希望が持てる世界を目指しました。現在では理念に応援してくれる企業様や仲間が沢山でき、携われる領域も拡大しました。キャリアに限定せず可能性を広げられる社会の創造と理念を変え、5年以内の上場に向けて成長し続けます。私たちはこれからも『誰しもが人生の可能性を広げられる社会の創造』を目指し、『想像を超えた感動を提供』し続けます。